ドキュメンタリー映画の部屋inアジア

アジアのドキュメンタリー映画専門チャンネル「アジアンドキュメンタリーズ」配信作品の感想を綴っていきます。

禁断の向こうへ イラン人の秘密

f:id:documentariesreview:20210624204456p:plain

禁断の向こうへ イラン人の秘密 2017年製作/イラン/作品時間52分

 今回紹介する作品は、特集【未知の国 イラン】より、「禁断の向こうへ イラン人の秘密」です。

作品概要

 イランでは、イスラム教の戒律が国民に厳しく課せられ、様々な自由が制限されています。そんな中、宗教警察の監視の目を掻い潜り、禁止されている「欧米風」の暮らしを満喫している人々が、少なくありません。本作では、逮捕されるリスクを冒してでも「戒律」を破る庶民の実情に、フランスの取材班が潜入します。イランという宗教国家の矛盾した側面を見つめ、そして国家や宗教の在り方を、考え直すきっかけになる作品です。

注目のポイント

「監視社会」イランの実情

 イランは、中国に次いで死刑の多い国です。毎日1000人が処刑され、未成年でも死刑になることがあるといいます。また、鞭打ちなどの刑罰も盛んに行われていて、その背景には、イスラム教の戒律による厳しい規制があります。本作では、首を吊られた人の映像なども映し出され、その姿は非常にショッキングです。ところが、街で取材を受ける人々は、自由のない現状に不満を抱きながらも、どこか飄々としています。「バレたら刑務所行き」のイラン社会で、庶民はとても器用に生きているように思えます。

隠れる者、闘う者

 

 イスラムの戒律では飲酒は禁止されていますが、庶民の中ではビールを密造して利益を得ている人もいます。また、禁止されている犬の飼育も富裕層には人気です。警察の監視がまばらになる夜中に、こぞって犬を散歩させている人々の姿は、とても奇妙です。これらの「禁止行為」は、ほとんどが隠密に行われています。一方、この規制に真っ向から立ち向かおうとする人々もいます。彼らは「バムバム」と呼ばれ、グラフィティーアートで自由を訴えます。彼らは、死刑になるリスクを冒してでも、声を上げることを止めません。本作では、イラン国民の戒律に対する様々な抵抗の手段に密着し、彼らの「本音」を、丁寧に掬い上げています。

「宗教国家」の矛盾

 イランでは、皇帝による統治が行われていた時代こそ、富裕層は「欧米風」の自由な暮らしをしていましたが、貧富の差による不満が革命を呼び、今の「宗教国家」が成立しました。体制側による宗教的プロパガンダは活発で、国営放送ではイスラムの説教ばかりが放送され、大量の資金を投じて、指導者であるホメイニ師の霊廟や、反米感情を煽るCMが制作されています。しかし、市井ではアップル等の米製品が流通し、金曜日の礼拝に参加するのは、国民の5パーセント程度だといいます。イランは一見、敬虔なイスラム教の戒律により治められている「宗教国家」であるように思えますが、その実情は、プロパガンダと、それに対する国民感情の乖離が進む、矛盾に満ちたものです。

 

 宗教も、国家も、私たち人間が「より良く」生きていくために、長い歴史の中で考え出した「知恵」のように思えます。何かを信じ、崇めることで、生きるうえでの障壁を乗り越え、団結することで、相互に暮らしを豊かにしていくことが、宗教や国家の本来的な機能なのではないでしょうか。

 今のイランにおける「戒律」は、人々の生活をただ制限するだけの枷となっているように感じました。本来の、救済としての宗教の意味合いを失い、戒律という「行動」だけが形骸化してしまっているのです。 

 日本では、宗教が生活に影響を与えることはまれで、イランが抱える問題も、他人事のように感じるかもしれません。しかし、「社会システムの形骸化」という問題と捉えると、それは決して他人事ではありません。

 「知恵」は、時代の変化とともにアップデートされるべきです。私たちが、過去の知恵という枷に囚われないために、友好国イランの実情を、見つめてみる必要があるのではないでしょうか。

「禁断の向こうへ イラン人の秘密」は、アジアンドキュメンタリーズで配信中です↓

アジアンドキュメンタリーズの公式ホームページはこちら↓

爆弾処理兵 極限の記録(ノーカット完全版)

f:id:documentariesreview:20210616192441p:plain

爆弾処理兵 極限の記録(ノーカット完全版) 原題:The Deminer 2017年製作/イラク/作品時間83分

 今回紹介する作品は、特集【悪魔の兵器】より、「爆弾処理兵 極限の記録(ノーカット完全版)」です。

作品概要

 イラク北部・モスルでは、武装勢力が仕掛けた数多くの地雷や爆弾が、市民の暮らしを脅かしていました。本作は、爆弾処理兵として類稀な能力を発揮し、年間に600個以上の地雷や爆弾の処理を行った、ある男の戦いを追ったドキュメンタリーです。現地で記録されていた50時間以上のビデオ映像を編み直し、爆発で片脚を失ってもなお、爆弾に挑み続けた男の生き様を、彼の長男の語りと共に、映し出した力作です。

注目のポイント

緊迫感溢れる、リアルタイムの「爆弾処理」の映像

 本作の映像は、爆弾処理兵として活躍する男・ファーケルを追って、現地で撮影されたものです。隠された爆弾(それも、不発弾ではなく、戦闘のため直近に仕掛けられたものがほとんどなのです)を探し出し、ナイフとペンチで、一つずつ手作業で配線を切断する様子は、見ているだけで思わずため息が出てしまいます。また、爆弾は非常に巧妙に仕掛けられており、建物の扉を開けると起爆するものや、携帯電話を使い遠隔で起爆させる爆弾を積んだ車など、様々です。爆弾の処理というと、地雷がイメージされがちですが、この映像は、戦場のリアルな姿を映し出す、貴重な資料でもあります。

”命知らずのファーケル”と、彼を支える家族

 どんな危険な現場でも、臆することなく足を踏み入れるファーケルは、”命知らずのファーケル”と敬意をこめて呼ばれ、イラクに滞在するアメリカ軍からも一目置かれる存在でした。そんな彼の一番の挫折は、爆弾により片脚を失ったことでした。これまで、重傷を負ったときですら「明日軍務に復帰する」と言い放つような、頑強な精神力の持ち主でしたが、杖なしで歩けない体となり、軍からも仕事をするのは絶望的と判断され、自身の在り方に葛藤することになります。そんな時、彼を支えたのは、家族でした。そして彼は間もなく、義足を装着し、再び軍服に袖を通します。

使命感に燃える「兵士の生き様」

 「地雷で亡くなる子ども達は、自分の子どもと同然だ」と、彼は言いました。軍人として、罪なき人が爆弾で被害を受けることを、彼は心から憎んでいました。愛する家族と離れ、戦地で骨を埋めることになっても、イラクの人々を守り、平和を守ろうとする彼の姿は、あまりにも尊いものです。どれだけ爆弾の数が多くとも、何度爆発に巻き込まれようとも、彼の心が折れることはありません。まさに、人生を懸けて使命を全うせんとする「兵士の生き様」に、観る者の心は揺さぶられます。

 

 「愛国心」というと、極右的な思想のように感じる人もいるかもしれません。

 本作の主人公、”命知らずのファーケル”は、生まれ育ったイラクを愛し、イラクの未来と子どもたちの命を、何よりも大切に思っていました。彼はまさに「愛国の兵士」であり、銃や爆弾を憎む、「平和の戦士」でもありました。彼を、極右や軍国主義と結びつけることには、あまりに無理があります。

 現代の日本では、社会問題が議論されると、「日本はダメな国だ」と自虐的かつ、他責思考で見る傾向があるように感じます。本来、「国」とは国民そのものであり、私たち国民が、自分の国を大切に思い、行動しなければならないのではないでしょうか。

 ファーケルが戦っていた場所に比べると、私たちの戦場は生ぬるいものかもしれませんが、挑戦しなければならない問題は、数え消えれないほど多くあります。

 彼の生き様を見て、使命感に「覚醒」したと言うのは大げさですが、そんなことを考えて、明日から生きてみようと、思った次第です。

 

「爆弾処理兵 極限の記録(ノーカット完全版)」は、アジアンドキュメンタリーズで配信中です↓

アジアンドキュメンタリーズの公式ホームページはこちら↓

精神病棟のプロポーズ

f:id:documentariesreview:20210610135109p:plain

精神病棟のプロポーズ 原題:The Marriage Project 2020年製作/作品時間79分 撮影地:イラン 製作国:イラン、フランス

 今回紹介する作品は、特集【結婚の価値】より「精神病棟のプロポーズ」です。

作品概要

 イランの精神科病院「エーサンの家」で「結婚プロジェクト」という試みが始まりました。これは、治療のため病院に収容されている精神病患者たちのなかで、適性のある者に結婚してもらい、症状の回復に繋げようとするものです。治療のためとはいえ、大半の患者が院内で一生を終えるという特異な環境で、彼らにとって「結婚」が持つ意味はどのようなものなのでしょうか。患者たちの結婚に奔走する病院スタッフと、自身の気持ちや運命に向き合う患者たちの姿を通して、私たち人間が「結婚すること」の価値を問いかける作品です。

注目のポイント

窓を叩く音、精神病棟の光景

 「君たちは囚人ではない」と、医師が患者たちに声をかけるシーンから、この作品は始まります。確かに、収容されている患者たちは、集団で行動を制限され、病院から出ることを許されていないため、自分を囚人のように感じても、不思議はありません。取材を受けていた患者たちは、一見、健康な人と同じように話ができているように思えますが、夜中、しきりに窓を叩いたり、虚ろな目で歩き回ったりする姿を見ると、彼らが心を病んでいることが如実に伝わってきます。私たちが普段、目にすることのないその光景は、とても衝撃的です。

「楽園」で愛を育む二人

 患者であるサハルとセイフラーは、ともに長くこの病院で暮らしており、両想いの関係です。彼らは、温室で植物をいじりながら、愛の言葉を交わしあうのです。彼らの表情は、心を病んでいることを忘れさせるほど、希望に満ちています。「結婚プロジェクト」に着手した医師も、この「愛」が持つ力に、賭けてみたくなったのかもしれません。しかし、彼らの結婚には、大きな障壁があるのです。作品全体を通して、彼らが確かに感じている「愛」と、それが形にならないことへの葛藤が、力強く描かれます。

結婚しない人だって手をつなぐ

 患者のマルジャンは、家族との問題を抱え、この病院で暮らしています。彼女の結婚における障壁もまた、家族です。結婚することが、個人のみならず、家族にとっても影響のあることなのは、間違いありません。彼女は、家族から見放され、万が一彼女の子どもを育てることになるのを恐れられ、結婚も許されていないのです。しかし、愛の形は「結婚」だけではありません。彼女は、プロジェクトによって結婚が計画されていた男性の手を取り、「結婚しない人だって手をつなぐ」のだと言いました。彼女が、自分の運命に立ち向かう姿は、とても情熱的で、ロマンチックです。

 

 「愛」の効果は「他人との境界を破壊すること」だと言ったのは、本作の語り手の、かつての恋人です。そして、この病院のある精神科医も、愛によって「感情の共有」や「感情の相互作用」が起こるのは必然だと説いています。

 心を病んでいる彼らにとって、この「境界の破壊」は、果敢な挑戦だったはずです。そして、それでもなお「愛」の持つ力を信じる、医師の情熱に、心を打たれます。

 誰かを愛することは、私たち人間が持つ力の一つです。心が苦しかったり、くたびれてどうしようもなかったりするときに、大切な誰かを想ってみると、力が湧いてくるかもしれません。そんなことを、思い出させてくれる作品でもあります。

 

「精神病棟のプロポーズ」は、アジアンドキュメンタリーズで配信中です

アジアンドキュメンタリーズの公式ホームページはこちら↓

プラセボ あるインドの名門医学生の心理

f:id:documentariesreview:20210607013629p:plain

プラセボ あるインドの名門医学生の心理 原題:PLACEBO 2014年製作/作品時間94分 撮影地:インド 製作国:インド・フィンランド

 今回紹介する作品は、特集【追いつめられる日々】より、「プラセボ あるインドの名門医学生の心理」です。

作品概要

 合格率わずか0.1%以下の、インドの超名門医科大学・全インド医科大学(AIIMS)では、ここ数年で在学生の自殺が頻発しています。競争に勝利し、エリート街道をひた走るはずの学生たちに、一体何が起きているのでしょうか。本作では、学生寮で暮らす4人の学生に2年間の密着取材を敢行し、彼らの目線で、彼らの人生に潜む苦悩に迫ります。知られざるインドの「エリート教育」の現場を、赤裸々に描き切った傑作です。

注目のポイント

 

インドの超エリートたちの素顔

 インド13億人の頂点に位置する学生たちは、一体どのような人物なのでしょうか。本作に登場する医学生たちは、一見すると、みな人間味あふれる、「普通の若者」のように思えます。くだらない冗談で笑い、踊りを踊ったり、女の子にモテることを夢見たりする姿は、いかにも「学生」といった様子です。また、研修などの体験を通して、医師という仕事にやりがいを感じ、そのことを語る姿は、とても情熱的です。どの表情も、まるで同じ場所にいるかのような、感情を肌で感じ取れる、臨場感溢れる映像で、描かれています。

頻発する自殺、その背景にあるものとは

 ここ数年、AIIMSでは、毎年のように学生や研修医が自殺をしています。ある学生は、「人間の精神の最高到達点は、自殺」といい、それは、種の生存と繁栄という「本能」を、「知性」によって超越するからだと説いていました。なぜ、自殺が頻発するようになってしまったのでしょうか。学業の行き詰まりや、周囲からの期待に応えるストレスによるものでしょうか。それともその「知性」の高さゆえの悲劇なんてことが、起こりうるのでしょうか。

顔のない学生は、名乗った

 AIIMSでは、長年、いじめが問題となっていました。いじめ問題を重く見た当局は、学生間の交流を制限することにしました。しかし、この施策は裏目に出ます。本作の取材期間中、新たに自殺した学生が現れました。ところが、「顔のない学生」と表現された彼を、知る人はいなかったというのです。彼を死に追いやった原因が明かされることはありませんが、ある学生が、ヒントを語っています。「厄介なのは、孤立だ」と。彼は、自らの命を絶つことで、初めて「名乗る」ことに成功したのです。

 

 本作の表題「プラセボ」は、「偽薬」の意味で広く使われていますが、その語源はラテン語で「喜ばせましょう」という意味で、古くは、カトリックの死者のための祈りの中で使われたといいます。しかし、この作品が、命を落とした学生たちへの「祈り」であるとは、言い難いでしょう。

 冒頭で、学園祭のシーンが描かれます。熱狂的で、若い学生たちの「生」のエネルギーに満ちているように感じます。しかし、この学園祭が表現しているものは、まったく別のメッセージです。あえてすべては語りませんが、ここに、私たち人間が持つ「偽薬」の正体が、描かれているのです。

 

プラセボ あるインドの名門医学生の心理」はアジアンドキュメンタリーズで配信中です↓

アジアンドキュメンタリーズの公式ホームページはこちら↓

HIKIKOMORI フランス・日本

f:id:documentariesreview:20210604132546p:plain

HIKIKOMORI フランス・日本 原題:HIKIKOMORI:THE LOCKED GENERATION 2020年製作/作品時間69分 撮影地:フランス・日本 製作国:フランス

 しばらく更新が滞ってしまいましたが、時間ができたので、またアジアンドキュメンタリーズの配信作品を観ていきます。今回紹介する作品は、6月の特集【追いつめられる日々】より「HIKIKOMORI フランス・日本」です。

作品概要

 これまで、日本特有の問題であるとされてきた「ひきこもり」は、今や世界中の人々の問題として、その解決が叫ばれています。本作では、フランスで「ひきこもり」の若者を支援する活動や、「ひきこもり」問題の最先端である、日本での事例を多数取り上げながら、この問題を生み出す社会的な背景や、これからの展望を考えてゆきます。

注目のポイント

世界に広がる「ひきこもり」

 フランスでは、数万人の若者が「ひきこもり」となり、社会に参加できない日々を送っているといいます。また、「ひきこもり」問題についての意見交換を行う会議では、世界の様々な国から、研究者や当事者の家族などの参加者が訪れ、この問題が世界全体で人々を苦しめている事実が見て取れます。フランス語でも「HIKIKOMORI」と呼ばれていることも印象的です。これまでのイメージに縋り、日本人の性格や日本の社会「だけ」に「ひきこもり」の背景を探ることは、もはや意味の無いことと言えそうです。

最先端の国で影を落とす、「ひきこもり」の末路

 日本では、何年も前から「8050問題」が叫ばれています。これは、80歳の親が、50歳のひきこもりの子供を支えなければならない、という問題です。経済的困窮によって親子共倒れになったり、親が死んだあと残された子供が生活できなくなったりと、「ひきこもり」の高齢化が招いた社会問題です。また、「ひきこもり」のように、社会と切り離された人が、自宅で死亡した後も気づかれず放置される「孤独死」も、増加傾向にあります。孤独死の現場に積み上げられたゴミの山は、生きる力を失った人の絶望感を、ひしひしと伝えてきます。

社会復帰のために必要なのは

 日本のある支援団体では、「ひきこもり」から社会復帰を目指す人が就業訓練をする場所として、パン屋や飲食店を経営しています。慣れない手つきでレジを打つ青年に、温かい表情でお金を渡す、とあるお客さんの女性がいました。様々な背景で「ひきこもり」となった人が、社会に出ていくためには、彼女のような温かい眼差しが、必要なのだと痛感させられます。

 

 「ひきこもりの大半は、好きでひきこもっているわけじゃない」と、本作に登場する「ひきこもり」の男性は言います。人間は、誰もが一人では生きていくことはできません。この問題が行きつく先は「孤独死」であると前述しましたが、当事者も、「ひきこもり」としての生活は、いずれ破綻するとわかっています。それでも、社会から「避難」してこなければ、明日を生きることが困難な状況にあるのです。

 「ひきこもり」の原因、背景には、様々な事情がありますが、これだけ多くの「ひきこもり」を生み出している社会では、その一員である私たちも、明日の「ひきこもり」になる恐れを孕んでいると言えるでしょう。

 私たちの生活から見えない、彼らのことを、日々の生活で感じ、考えることは難しいかもしれません。しかし、私たちが、社会全体が変わらなければ、「ひきこもり」問題は解決しないのです。本作を観て、一人でも多くの人が、「温かい眼差しのお客さん」のように、なってほしいと願うばかりです。

 

「HIKIKOMORI フランス・日本」は、アジアンドキュメンタリーズで配信中です↓

アジアンドキュメンタリーズの公式ホームページはこちら↓

街角の盗電師

f:id:documentariesreview:20210405224645p:plain

街角の盗電師 2013年制作/インド/作品時間80分

 今回紹介する作品は、特集【魅惑のインド大特集】【視聴率ベスト20】【危険な仕事】より「街角の盗電師」です。

作品概要

 インドの工業都市・カーンプルでは、電力不足が深刻です。そんな街では、違法配線のスペシャリストである「盗電師」と、電力公社との攻防が繰り広げられています。誰もが電気を使えるようにと、危険な作業を続ける盗電師が活躍する中、違法配線を根絶に着手したのは、電力公社に新しく赴任した敏腕の女性官僚です。そして、度重なる停電に民衆の不満が募る中、カーンプルでは選挙を迎えます。インドの深刻な「電力戦争」の様相を、様々な視点で追った、アジアンドキュメンタリーズ代表作の一つです。

注目のポイント

盗電師と、混沌とした街

 カーンプルの街は混沌としています。活気あふれる人々が縦横無尽に行き交い、彼らの頭上には、盗電師によって張り巡らされた配線が迷路のように張り巡らされています。この混沌とした雰囲気を、存分に感じられることも、この作品の魅力の一つです。天才盗電師の両手は、火傷の跡に加え、一本の指が折れ曲がったままです。それでも、街の人々のために、盗電師として活躍する彼の信念は、強く真っすぐなのでしょう。

改革の先に見据えるもの

 電力公社の改革に乗り出した女性官僚には、カーンプルの電力事情を改善するためのビジョンがありました。盗電による損失が改善されなければ、電力供給のための設備を強化することはできません。そのため、盗電の取り締まりを徹底し、公社の勤務員の意識も変えようと奔走します。しかし、停電や故障が相次ぐと、民衆からは失意の眼差しを向けられます。彼女も、葛藤を抱えながらも、強い信念で難題に立ち向かっているのです。

 

 電気を盗むことは、いけないことなのでしょうか。

 カーンプルの「電力戦争」は、インド社会が抱える問題の象徴です。格差や貧困の解消、インフラ設備の充実が、根本的な解決には不可欠です。人々に電気を届ける盗電師も、公社の改革を進める官僚も、民衆の生活を思って活動していますが、彼らの信念は対立し、答えが出ないままでいます。

 生きることが困難になるとき、私たちの「善、悪」という概念は、いとも簡単に崩れてしまいます。もし、私たちが同じ立場に立ったとき、なにを「善」として行動することができるでしょうか。

 この作品は、そんな問題を、私たちに問いかけてきます。彼らの姿を見て、あなたも考えてみてください。

 

「街角の盗電師」は、アジアンドキュメンタリーズで配信中です↓

アジアンドキュメンタリーズの公式ホームページこちら↓

ショック・ウェーブ

f:id:documentariesreview:20210402234130p:plain

ショック・ウェーブ 原題:Shock Wave 2020年製作/作品時間45分 撮影地:レバノン 製作国:オーストラリア

 今回紹介する作品は、特集【爆心地 レバノン】より「ショック・ウェーブ」です。

作品概要

  2020年8月4日、レバノンの首都ベイルートの港湾地区で、今世紀最大規模の大爆発事故が発生しました。爆発の主な原因は、政府によって没収され過去6年間港に放置されていた、約2750トンの硝酸アンモニウムへの引火とみられています。本作は、爆発の瞬間を捉えた様々な映像と、心身に深い傷を負った被害者への取材を通して、この爆発事故が象徴する、レバノンという国の悲劇を描いたドキュメンタリーです。

注目のポイント

人々の日常を破壊した、爆発の瞬間

 爆発は、何の前触れもなくベイルートの人々を襲いました。本作で紹介される映像の数々は、私たちが報道で見るような俯瞰のものではなく、スマートフォンなどで撮影された生々しいものばかりです。破壊されつくした街の姿は、衝撃の威力がいかに凄まじいものであったかを物語っています。

尊い命を失った人々

 爆発は、ベイルートの207人の尊い命を奪い、6,500人以上の負傷者を出しました。大切な人を失った彼らの言葉は、悲しみと怒りで震えていました。街が復興を果たしても、彼らが失ったものは二度と戻ってきません。一生、癒えることのない傷を負った彼らが、辛い記憶をカメラの前で語るのは、一体なぜでしょうか。

人災、終わらない悲劇

 この事故を招いた原因は、政府による危険物の杜撰な管理によるとされています。この爆発事故以前にも、レバノンでは反政府デモが相次いでいましたが、以降、政府への批判はさらに高まり、8月10日にはディアブ首相が内閣総辞職を発表しました。この事故は、政治が招いた人災であり、政治腐敗による悲劇は、レバノン国民を今もなお苦しめているのです。

 

 政治の腐敗とは、第一に当事者意識が欠如することに他ならないと思います。私たち現代人の生活は、このような事故を起こしうる危険物を活用することで成り立っているものです。政治が、人々の安全を守る第一人者としての意識を失えば、技術の産物は、時に我々に牙を剝くのです。

 例えば我が国でも、東日本大震災による福島第一原発の事故は、後に様々な「人災」的な要素が指摘されてきました。

 レバノンの悲劇は、決して他人事ではありません。政治腐敗は、国が人間の集まりである以上、残念ながらどの国でも起こりうることなのです。愛する息子を失った夫婦が、カメラの前で語ったのは、息子の死を、せめて、今生きている人々に役立ててもらいたい一心だったのではないかと思います。

 政治を担うのは政治家のみならず、社会に生きる私たちの役割でもあります。私たち一人ひとりが、責任を持って政治に参加しなければ、かけがえのない命を、守ることはできないのではないでしょうか。

 

「ショック・ウェーブ」は、アジアンドキュメンタリーズで配信中です↓

アジアンドキュメンタリーズの公式ホームページはこちら↓